子供が毛深いのはいくつ位になったら分かるのでしょう?

子供が毛深いのはいくつくらいになったら分かるのでしょう。

生まれた時には少し毛深いかなって思っていても、どんどん薄くなっていく事は結構あります。

お猿さんのようだったのに、すこしずつ薄くなっていく。

しかし、そこからまた濃い毛になって、2歳~3歳くらいになると、指の毛やすねの毛や腕の毛が目立つようになってきます。

この時期に、足の甲や指に毛が生えている場合は、毛深い子供だと思って良いでしょうね。

さらに、4歳になり毛もそこそこ伸びていれば、100%での確率で毛の濃い子どもと言えるのではないでしょうか。

3歳~4歳が、分かれ目。

余談ですが、親が毛深い場合は、それが子供に遺伝する確率が高いので、必然的に毛深い子供が生まれる可能性が高くなります。

男の子の場合は小学校高学年で性徴期が始まると、さらに毛深くなるのですが、どのくらい毛深くなるかについてはひげの生え具合に関与すると思います。

男の子も毛が薄いのが流行ってますから、気になっちゃうでしょうね。

無駄毛を気にしだす

何歳くらいなると子供が無駄毛を気になりだすのかについては個人差が非常に高いですが、適切なケアを実践してあげたいですよね。

子供が毛深いのはいつになったら

子供以上に親が気になることもあるようです。

気になったから処理したという親御さんと、そんなの親の傲慢だし放っておけばいいという親御さんとがいらっしゃいます。

あなたはどちら側でしょうか?

どちらにしても、女の子の場合は、小学校高学年か中学生になると、かなりの確率で無駄毛の処理を始めちゃいますけどね(笑)

そうなったときに一つだけ覚えておいていただきたいのは、カミソリや脱色や除毛などは、肌を痛める確率が非常に高いってことです。

ですから、肌を傷めない処理の方法を、伝えていただきたいなって思います。

濃い、薄いが関係ない世の中になれば良いのですが、今の時代は大丈夫って言えないですよね。

⇒子供に優しい無駄毛の処理の仕方とは
【スポンサードリンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。