娘のムダ毛処理のスタートです

娘が一番最初に気になりだしたのは、顔のムダ毛(ヒゲ部分)です。

私は、さほど気になる色でも太さでもないと思ってたんですが、よくよく見てみると少し色が付いていたんです。

これは処理してあげないとマズイって思いました。

どのような処理法が良いのかネットで調べると、子供のムダ毛処理はフェリエやシェーバーが最適と書いてあるサイトやブログが多かったので、早速パナソニックのフェリエを購入して処理を開始。

驚くほど簡単に綺麗に剃れました!

定期的に処理することで事なきを得ていたのですが、だんだんと他の毛も娘は気になり出したんです。

年頃ですから当然ですね。

考えたら、私もこのくらいの時期に、ムダ毛に悩んでいたような…。

かなり遠い昔の記憶ですが(笑)

娘がヒゲの次に気になった部位は足でした

髭が気になった後に娘が気になったのが足の毛でした。

誰かに何か言われたのかもしれませんが、学校にスカートやショートパンツで行くことに対し、とても敏感になり、スカートを着ないようになり、パンツも七分が一番短いくらいになってしまいました。

それとなく聞いてみると「足が毛深いから人に見せたくない」と…。

正直、来るべき時が来てしまったって感じでしたね。

あんなにちっちゃかったのに。



小学生の娘に永久脱毛をするわけにも行かないので、シェーバーで対処しながら、高校を卒業するまでの間、苦しんだり、悩んだり、格闘したり、苦労したり、毛の薄い人や生えていない人を羨ましがったりしながら生活をしていかなくちゃならないんだろうなって思ったんです。

毎日毎日、薄くなったり細くなったりはしないので、処理しなくてはいけません。

私もそうでした。

私が小さかった頃とは時代が違います

先ほども書きましたが、毛を処理してもまた生えてきますし、娘に永久脱毛はまだ早すぎます。

子供も可能な永久脱毛もあるようですが、ホルモンバランスが整わない状況で処理してしまうと、また新しい毛穴が出来てそこから毛が生えてきてしまう可能性が。

何か良い方法は無いのだろうかと色々調べていると、永久脱毛以外にも、毛を細く薄くする方法があるということを知ったんです。

その方法は、抑毛と言われる方法なんです。

私が小さかった頃には、きっと無かった方法です。

半信半疑で塗り始めたのですが、恐ろしい結果になりました。

⇒娘のムダ毛処理の記録(1ヶ月目)
【スポンサードリンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。