小学生のムダ毛対策!親の出番が多いですよね

小学生のうちから毛深くても、何もなく小学時代を過ごし、中学時代は自己処理で過ごし、高校生以上になったら永久脱毛をするというパターンもあります。

が、それとは反対に小学生で相当悩む子供もいます。

小学生は何気ない一言をよく発しますが、そのパターンの一つに容姿について語ることがあるというのがありますよね。

見た目をそのまま口にしてしまうわけです。

顔立ちや身長や肌色や体系など…。

もちろん全ての小学生の子供がそうではありませんが、無邪気という言葉では済まされない発言をしてしまうこともあります。

お子様がもしも言われたときには、どのようにするか悩みますよね。

早いか遅いか

小学生での毛の処理は早いという人もいます。

肌が弱いので、何もしないほうが良いという意見もあります。

が、私にはそれは無理です。

ですから、娘が気になりだしたときに、すぐに処理を始めました。

小学4年生になりひげが気になったときに処理をすぐにしてあげたし、指の毛が気になったときにも、同じようにすぐに処理を始めました。

心が楽になれば、それが一番だと思ったからなんです。

自分自身が毛深くて悩んだ経験があるので、それを踏まえての対応ですね。

その結果、娘は何も言わなくなったので無駄毛処理をして大正解だったと思っています。

小学生の気になるムダ毛の場所

小学生のときに気になったムダ毛の場所で多いのが眉、ひげ、指の毛なんですよね。

女のお子様でも、眉がつながっていたりひげが生えていたり背中の毛がたてがみのようになっていたりすることがあります。

全てを処理してあげる必要は無いのかもしれませんが、整えるだけでも、見た目はずいぶんと違ってきます。

自分で始める

高学年にもなると、自分自身で勝手に処理を始めたりもするのですが、多分、子供が出来る方法はカミソリで剃るか毛抜きや爪に挟んで抜くかだと思います。

小学生のうちは、カミソリは自分で買えない事もあるので、母親や父親が使っているものを勝手に使う可能性がありますよね。

中学生にもなれば、お小遣いで購入したりもするかもしれませんが。

親のを使用すると衛生的に良くありませんし、親の硬い毛を剃った後のカミソリは、もしかしたら刃が少し欠けているかもしれません。

何度も親が使った後で、剃り心地が悪くなっている可能性もあります。

そうなると、ただでさえ子供の肌は弱いのに、余計にそのようなカミソリで処理したことによる肌へのダメージが深刻になる結末に。

何としてもそれは回避してあげてくださいね。

そもそもカミソリがNG

無駄毛処理にはカミソリを使っている人が多いのですが、そもそもカミソリを使うこと自体がNGと最近は言われています。

ですが、先ほども書いたように、子供は親が使用しているものしか使えない立場にいます。

となると、やはり親のサポートが必要ですよね。

私が娘に行っている処理法は、このような方法です。

⇒子供がムダ毛で悩んでいるなら
【スポンサードリンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。