子供の無駄毛はシェーバー+保湿が重要ですよ



子供のムダ毛の処理をするときに困るのが、肌を傷つけてしまうことです。

子供の肌は大人よりも薄くて柔らかくて弱い、といった特徴があります。


十分に免疫機能も発達していないので、外からの刺激にも弱く感染を起こしやすいのです。


子供の無駄毛処理には注意が必要不可欠。


子供に優しいムダ毛処理





子供のムダ毛処理の第一選択肢は、肌へのダメージが少ないシェーバーと言われています。

シェーバーなら、刃が直接皮膚にあたることはありませんし、切り傷を作ることは皆無に等しいです。

角質を削ぎ落とすこともありませんし、剃った後のヒリヒリ感もありません。

カミソリ負けや出血をしてしまうことは、無いに等しいわけです。


肌のバリア機能が低下





肌に直接触れる処理法は、角質をはがしてしまいます。

そうすると肌のバリア機能が低下し乾燥をまねき、肌の老化現象を促進してしまうんですよ。

シェーバー以外の処理方法のカミソリや除毛や脱色は、皮膚が傷つきやすいし角質をはがしたり壊したりしやすいんですよね。


ムダ毛の処理だけではなく、肌のことも考えると、やっぱりシェーバーだなって思います。


シェーバーの使用感



シェーバーと書いていますが、髭剃り用のシェーバーではなくて、1枚刃のカミソリみたいな形状のものになります。

娘が愛用しているのは、フェリエですね。



フェリは、多くの口コミサイトで絶大な高評価をうけているんですよ。


手軽で、安全で、抜群の剃り味なので、当然といえば当然かなって思います。


子供にとって、安全性ってとても大切だと思うんですよね。

例えば子供用のはさみですが、紙は切れるけど肌は切れないものがあります。

例えば子供がなめても、大丈夫な積み木があったりもします。

包丁も材料は切れるのに、指などが切れにくいものがあります。


このように、安全性やトラブルを重視する商品があるわけです。


シェーバーは、カミソリよりも深く剃ることはできません。

それが、最大のデメリットだと思います。


しかし、肌へのトラブルを重要視するのでしたら、カミソリや脱色や毛抜きよりも、圧倒的に肌に刃が直接当たらないシェーバーかなって思います。


でも、また普通に毛が伸びてくる



シェーバーは毛を剃るだけですから、またムダ毛は同じように伸びてくるんですよね。

まあ、それでも、ほぼ刺激がないわけですから、毎日のように処理をすればいいのですが、だんだん、もっとキレイになりたいって思ってくるんですよ子供が(笑)


剃ったらきれいになるのだから、それだけでいいと思うのですが、もっともっと、ムダ毛が目立たないようになりたいのだそうです。


「それなら脱毛しかないよね?」と思われました?

私も、脱毛しかないと思ったんです。


ところが…。


医学博士や大学名誉教授が推奨する、抑毛という方法があったんです。

高濱名誉教授の書籍には、このように書いてあります。



ちょっと、画像が見づらいのですが、このように書いてあります。

抑毛の効果
1.ムダ毛の成長を遅くする

2.ムダ毛を細くし抜けやすくする

3.ムダ毛を生えなくさせる

4.肌を白く透明にする


うちの娘が抑毛剤を使って感じた驚くべき体験談と口コミは、こちらに書いています。

⇒肌のことを考えて作られた抑毛剤で娘のムダ毛にアプローチした結果
【スポンサードリンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。