子供のムダ毛を脱色するなんて危険行為以外の何者でもない

子供のムダ毛処理を調べていると、脱色という方法があることを知った。

果たしてどうなんだろうと思われていると思います。

脱色は肌へのダメージがかなり強いです。

肌に優しい脱色剤というものも無いことはないのですが、それでも刺激は当然のようにありますよね。

「あれ?思っていたような結果にならないし、ヒリヒリしてしまう」と感じてしまう可能性は、まだ一度も脱色を経験したことが無い場合、非常に高いといわれているんですよね。

頑張った割には残念な結果

確かに黒い毛と比べると目立たなくはなるのでが、透明になるわけではなく金色になってしまうんです。

そして、頑張った割にはお子様の毛は大人同様にすぐに伸びてくるので、努力が報われない結果に。



こういった経験はありませんか?

髪を染めた時などは良いのですが、髪が伸びだすと、根元が黒くなって黒さが強調されてしまった。

そして、その結果プリン髪になってしまった。

毛染めができたのは良いけど、髪の毛が傷んでしまって毛がうねり出してしまった…。

子供のムダ毛の脱色も、こういったことと起こりうる現象は同じと考えてください。

脱色しても、下手すると5日後には黒い毛が根元に見えるようになりますよ。

早いお子様の場合には、3日もすればそうなります。

まだ私が、ムダ毛の処理のことに関して色々と調べたことが無いときに、娘の脱色をした経験があるのですが、3日でプリンになってしまいました。

それに、ヒリヒリするって娘が言ってましたし。

あとあと脱色剤は刺激成分が多いことを知り、娘に悪いことをしたなって思ったんですよね。

逆に目立つ脱色

あまり毛の量が多いところを脱色すると、余計に、いじっている(色を抜いているの)のが分かって、学校や園などで、突っ込まれてしまう可能性すらあります。

毛が弱ってフワッとなることもあるので、ボリュームが出てしまい、何だか逆に、おかしくなることがあるんですよね。

さらに、透明にして目立たなくするつもりが金色に輝いてしまって、光の加減ではキラキラとして目立つこともあります。

普通に販売してある

毛抜きよりは痛みはないですが肌へ与える影響は、パッチテストが必要としていることを考えると、大きいと予想されますよね。

肌に悪影響を与えるのが分かっているのに、テストまでして使用するメリットは、正直、無いと考えられるわけです。

が、実際に販売してある。

「何で?」って思っちゃいますよね。

脱色するための成分が化学成分であり毒になるのに。

世の中には体に少し有害でも、使用されているものがたくさんあると思いますが、脱色剤もそのひとつなんでしょうね。

例えば農薬もそうですよね。

量が多ければ有害ですが、少ない量なら害虫から守ってくれるという目的で使われるわけですから。

ただ、この場合はデメリットをメリットが上回っているから使用されます。

子供のムダ毛処理に脱色を選択するメリットは、肌トラブルを起こしやすいというデメリットを上回らないと思うので、得策ではないですよね。

脱色以外の方法が良さそう

子供の肌は弱くて薄くてダメージを受けやすいのに、脱色剤を選択するのは可哀想だなと思いませんか?

ではどのような方法が推奨されているのでしょう。

もちろん脱色して満足する可能性もあります。

それは子供の肌にダメージを極限まで与えない処理方法です。

わざわざリスクを犯してまで脱色剤を利用しなくても、子供のムダ毛を劇的に改善してくれる方法があります。

⇒脱色以外の方法はいかがですか?
【スポンサードリンク】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。