子供のムダ毛処理のあらゆる方法を徹底ガイド!


子供のムダ毛を薄くしたい!

毛深いのが遺伝してしまったと、心を痛めていませんか?どうやっていつからムダ毛処理をすればいいのか、迷われていませんか?

「いじめられるのでは」と気が気じゃない状態じゃありませんか?


でも、もう大丈夫ですよ。

脇毛も、腕毛も、口ひげ(髭)も、すね毛も、鼻の下の毛も、全ての体毛の悩みが解決します!

もう二度と、迷う必要は無くなりますよ。


最初に書きますが、ムダ毛処理法にはいろいろとあります。


その中で、薄くしたいと思っているのでしたら、根本的な解決になるのは脱毛か抑毛しかありません。


それ以外の方法は、処理したその時だけ薄くなるだけで毛は普通に伸びてきますし、色素沈着(黒ずみ)、痒み、痛みなどの肌トラブルが起こる原因になります。


しかし、一般的にベストだといわれている脱毛ですが、残念なことに小中学生の子供には不向きといわれています。


①子供の毛の成長が著しい
毛はホルモンの影響で発達し、子供の性徴期に著しく増えますので毛が目立つようになります。

次々に、新しい毛が増えると考えていただければと思います。

ですから、小さいうちから脱毛を始めても、もう一度、脱毛をしなくてはいけない状況になってしまうんですよね。

②痛みを生じます
大人でも痛いと感じるほどの激痛の場合がりますので、子供が耐えれるのかわかりません。

それに、大人よりも子供の肌は弱くて敏感なので、低出力でも、大人以上の痛みを感じると思われたほうが良いでしょう。

③日焼けしていると脱毛できない
子供は、日焼けをしている可能性がとても高いです。
日焼けをしている人は、脱毛ができません。

脱毛は黒色に反応して起こるからです。

日焼けをしていると、毛の黒色と肌の黒色の識別を脱毛器ができないので、施術ができないんですよね。

④紫外線を浴びる可能性が高い
子供は、紫外線を浴びる可能性が高いです。
体育の授業、服装が限定される(制服で長袖が着れない)などがそうですね。

脱毛後は、紫外線に10日間くらい気を付ける必要があります。
脱毛後の10日間に紫外線に当たってしまうと、シミやしわや乾燥などの肌トラブルをとてもおこしやすい。

⑤安全性の保障はない
肌色、毛の特性、体質により火傷やアレルギーの症状を起こす可能性があります。


もう一つの方法の抑毛



抑毛とは、抑毛成分の働きで毛を薄く細くして発生スピードを遅らせてくれるムダ毛の処理法です。

色々な抑毛剤が販売されているのですが、私が娘に選んだのはコントロールジェルMEという商品です。

選んだ理由は「厚生省に認可された成分のみ使用」「医療機関と連携して製造」なので、安心して使用できると思ったからです。


ムダ毛が原因でいじめにあったり、揶揄されたり、笑いものにされた結果、不登校になる子供がいます。

ですからそうならないために、どうにか対応したいと私は思いました。

中には「まだ子供なんだから」「親が思い込み過ぎ」「心配しすぎ」という親御さんもいらっしゃると思います。

でも、自分自身が苦悩したので、子供にはそんな思いをさせたくないという気持ちが強くあったのです。

娘がむだ毛を気にし始めた時に、すぐに処理を始めました。

その結果、曇りがちだった娘の顔に笑顔が出るようになりました。

娘にコントロールジェルMEを使用した記録はこちらです。


サイト内コンテンツ

ムダ毛について
毛の知識
部位別
ムダ毛の処理法
埋没毛
Q&A
ムダ毛処理の記録